生涯おたく宣言

記載の通り(おたくです)

【感想】WANNA ONEの活動終了について

ラスコンに行って思ったこと

私にとって今回の公演は、アイドルの存在の大きさを改めて感じることのできた素敵な公演でした。(大げさだけど)

今まで、アイドルの現場って何回行ったかな…。大小合わせて、盛って4桁は現場に行ったかと思うのですが。行きすぎてありがたみがわからなくなっているのか、単に私の心が腐りきっているからなのかはわからないけど、現場で感動して泣き崩れる人の気持ちが全然わからない私が、開演前から1人で涙を流しているのってびっくりじゃない?

↓こんなかんじで開演前は巨大スクリーンに写真がうつされているだけなのに(笑)

f:id:korinUm:20190315004511j:plain

1曲目で踊っている姿を肉眼で確認して「本当に存在する人なんだ‥」と言葉に表せない感動がこみ上げてきて、さらに涙。

久々に「存在が尊い」という気持ちになったし、キモいこというけど挨拶のたびに流す涙さえもすごく美しかった。

パフォーマンスの時間よりもMCの時間の方がながいことに驚いたんだけど、聞くところによると、韓国のコンサートは「感謝を伝える場」と言った意味合いが強いらしい。(今回はラスコンってこともあると思うけど、挨拶がとても長かった)

勉強不足だから、その挨拶ではファンへの感謝と愛を語っているんだろうな(ざっくり・ニュアンス)くらいしかその場では汲み取れなかったけど…。(後日和訳をみたけど、だいたいそんな感じだった)

「ワナブル*1の存在意義がワナワンであるようにワナワンの存在意義がワナブル」と、以前番組で話しているのとかをみて、アイドルとファンのこういう関係性って理想だなとも思いました。(もちろん、私が知らないだけでいろいろあると思うけれども)

 

私は視界に入らない席は無理だし、おいしくない現場は嫌いだし、金を出しているのに対応されないとイライラするおたくなので、改めて「アイドルとは」を考えさせられました‥。(このブログに書いてないけど、私はそういうおたくなんだよ‥。「対応とは」「金とは」と思っても論点違うので今回はスルーでお願い)依存しすぎず、でもかけがえのない大切な存在でいられたらいいなとは思うけど、思えないし、なれない。そして応援しながらいつも辛い気持ちになるのが、私にとってのアイドルというかジャニーズ。知れば知るほど好きな所と同じくらい嫌な所が見えるんだもの。だから余計に、初めての界隈の良い所だけをフォーカスしているのは絶対あるけどね

 

 

WANNA ONEをずっと応援してきた人には叩かれるかもしれないし、私も好きになってすぐ解散なのは本当に悲しいけど、1年半という期間は自分の好きな人たちが好きな人のままでいてくれる期間には、十分な期間なのかもしれない。

いろんなアイドルを見てきて思うけど、メンバー全員が1つになって、同じ方向を向いて、同じ気持ちでい続けるのって奇跡以外の何ものでもないよ。(普通の仕事に置き換えると、異動、転職、退職職なんて日常茶飯事だしね)

始まりがあれば、終わりはいつか来るわけで。ただ、突然来る「いつか」は大概が気持ちの良くないものだから、たくさん泣いてしまうとしても、本人たちのありったけの思いを聞きながら、一緒に幕を下ろす方がよっぽどいいのかもしれない。

もう少し、ワナワンとともにすごしかったし、思い出を作りたいと思うけど、最後最後で、思い出の1つを共有できただけよかったのかもしれない。

ファンが思うのと同じように、メンバーそれぞれにとっても、WANNA ONE としての活動がかけがえのない思い出としていつまでも大切にしていてくれるといいな。

本当にお疲れ様でした。そして短い期間だったけど素敵な思い出をありがとうございました。そして…これからも世界中に幸せを届けられる人でい続けてください。

*1:WANNA ONEのファンの呼び名